このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

執筆者プロフィール

鶴田節夫
鶴田節夫東京電機大学 名誉教授
早稲田大学理工学部、名古屋大学大学院にて、オートマトンとよばれるチューリングマシンなどのコンピュータ科学を研究。理論的研究に特化してITやAIの基礎理論を学ぶ。修士論文では、あるクラスのオートマトンとコンピュータ言語(形式言語)の計算能力の等価性に関する証明などを行い発表。

修了後、日立製作所でコンピュータネットワーク・言語、ソフトウェア工学、列車運行管理などリアルタイム制御・コマンドアンドコントロールシステム、およびAIを研究。これら計算機システムやAIの応用研究をまとめて、工学博士号(名古屋大学)を取得。
その後、東京電機大学の教授となり、産業界での実績を生かし、分散知能システムやAIの研究・教育に携わる。AIの教育に関しては東京工業大学で約10年講義し、明治大学大学院で約20年ゼミを開講。

AIやその産業応用であるインテリジェントシステムや高知能ロボットに興味を持ち、退職後も東京電機大学名誉教授として後輩を指導しながら、大学でやり残したAIシステムやその実用化の研究を進めている。
国際講演論文・国際学術論文誌など百編以上を出版。
最新の投稿